Skip to content

免許のタイプ

ヘリ免許取得のためにまずは免許のタイプを決めることが大事です。自家用か事業用で自家用は主に趣味で自分が所持しているヘリを操縦するのに必要な免許で事業用は商用で人からお金をもらい乗せる免許です。自家用の免許取得には基準に基づいた最低限必要な飛行時間があります。

総飛行時間は40時間以上。単独飛行は10時間以上。野外飛行5時間以上。同乗教育飛行が20時間以上。オートローテーション着陸が1回以上。事業用となると条件は難しくなります。総飛行時間は150時間以上。機長時間35時間以上。野外飛行は10時間以上。野外飛行は300㎞以上の距離で着陸が2回以上のものを一回。夜間飛行は5時間以上で5回以上の離着陸を含まなければならない。計器飛行が10時間以上。オートローテーション着陸が1回以上。

免許取得には国内で取得するのと海外で取得する方法があります。国内ですと取得した際に再訓練する必要がなく、ライセンスも日本用に書き換える必要がありません。ただ試験は難しく、実は海外に留学するよりも費用が掛かります。留学して訓練するよりも時間がかかります。天候に左右されることも多く、なるべく早く資格を取得したいと思っている人には国内よりも留学訓練のが良いでしょう。