Skip to content

スクールの選び方

ヘリ免許取得にあたりスクール選びのポイントは、費用と期間です。国内ですと費用も訓練期間もかかるのですが、その分知識や技術が身につくのがメリットなのでどちらをとるかは本人が一番何を得と考えるかなのでしっかり考えましょう。スクールによって費用やコースも期間も違うので資料請求をして選びましょう。

スクール選びのポイントの一つで就職率も注目しておきたいところです。ヘリのパイロットは全体でみても若い年齢層の人が少ないので若い年齢のパイロットですと需要が高いのです。

しかし免許でも自家用の免許しか持っていないと就職に活用することがあまりできないので就職に生かしたいのなら事業用の資格をとりましょう。スクールにも資格取得のための環境や就職率、機材、実績がバラバラなので見極めてスクールを選びましょう。

就職先としては海上保安庁、国土交通省。それ以外では小型機を運転する遊覧飛行。メディアで必要とされる空撮を行う際にも免許を取得していると有利になります。パイロット業界は需要は高いですが供給が低いという特徴を持っています。免許取得したばかりの新人よりも教育があまり必要ない経験者を優遇されるという事情もあるからです。スクールによっては先生等のコネで就職が決まることがあるのでスクール選びは慎重に行いましょう。