Skip to content

ヘリ免許の取得方法

ヘリコプターを運転するには当然ですが免許が必要です。しかし自動車と違いどうしたらヘリの免許を取得できるのかはあまり知られていません。ヘリの免許を取得するにはスクールに通わなければなりません。ヘリの免許にも種類があり、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許とあります。

自家用操縦士免許というのは自動車でいうと普通自動車第一免許と同じで自分で所持しているヘリを操縦できますが、人を乗せてお金をとること等商用として運転することは勿論航空会社に就職できません。あくまで趣味として自家用のヘリを運転するのだけが目的の人はこちらの免許で十分でしょう。

事業用操縦士は取得することができればパイロットとして職につくことが可能になります。取得には国土交通省の許可が必要です。就職先は主に3つあります。官庁、民間、自家用運搬です。免許を取得したからといって確実に就職できるものではありませんが、自動車の運転免許と違い免許を取得している人は数少ないので貴重な資格といえるでしょう。ヘリコプターの操縦士が不足しているのでより需要があるのです。

どうしたらヘリコプター操縦士の資格をとることができるのかは中々知られていませんが、普通の資格のようにヘリ操縦士資格取得の養成スクールに通う必要があります。ヘリの操縦士に関しての知識は勿論大切ですが、何よりも実際に操作する実技が必要です。訓練できる環境があるスクールは免許取得には必須といえるでしょう。当サイトではヘリコプター操縦士免許取得について説明します。