Skip to content

スクールの選び方

ヘリ免許取得にあたりスクール選びのポイントは、費用と期間です。国内ですと費用も訓練期間もかかるのですが、その分知識や技術が身につくのがメリットなのでどちらをとるかは本人が一番何を得と考えるかなのでしっかり考えましょう。スクールによって費用やコースも期間も違うので資料請求をして選びましょう。

スクール選びのポイントの一つで就職率も注目しておきたいところです。ヘリのパイロットは全体でみても若い年齢層の人が少ないので若い年齢のパイロットですと需要が高いのです。

しかし免許でも自家用の免許しか持っていないと就職に活用することがあまりできないので就職に生かしたいのなら事業用の資格をとりましょう。スクールにも資格取得のための環境や就職率、機材、実績がバラバラなので見極めてスクールを選びましょう。

就職先としては海上保安庁、国土交通省。それ以外では小型機を運転する遊覧飛行。メディアで必要とされる空撮を行う際にも免許を取得していると有利になります。パイロット業界は需要は高いですが供給が低いという特徴を持っています。免許取得したばかりの新人よりも教育があまり必要ない経験者を優遇されるという事情もあるからです。スクールによっては先生等のコネで就職が決まることがあるのでスクール選びは慎重に行いましょう。

免許のタイプ

ヘリ免許取得のためにまずは免許のタイプを決めることが大事です。自家用か事業用で自家用は主に趣味で自分が所持しているヘリを操縦するのに必要な免許で事業用は商用で人からお金をもらい乗せる免許です。自家用の免許取得には基準に基づいた最低限必要な飛行時間があります。

総飛行時間は40時間以上。単独飛行は10時間以上。野外飛行5時間以上。同乗教育飛行が20時間以上。オートローテーション着陸が1回以上。事業用となると条件は難しくなります。総飛行時間は150時間以上。機長時間35時間以上。野外飛行は10時間以上。野外飛行は300㎞以上の距離で着陸が2回以上のものを一回。夜間飛行は5時間以上で5回以上の離着陸を含まなければならない。計器飛行が10時間以上。オートローテーション着陸が1回以上。

免許取得には国内で取得するのと海外で取得する方法があります。国内ですと取得した際に再訓練する必要がなく、ライセンスも日本用に書き換える必要がありません。ただ試験は難しく、実は海外に留学するよりも費用が掛かります。留学して訓練するよりも時間がかかります。天候に左右されることも多く、なるべく早く資格を取得したいと思っている人には国内よりも留学訓練のが良いでしょう。

ヘリ免許の取得方法

ヘリコプターを運転するには当然ですが免許が必要です。しかし自動車と違いどうしたらヘリの免許を取得できるのかはあまり知られていません。ヘリの免許を取得するにはスクールに通わなければなりません。ヘリの免許にも種類があり、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許とあります。

自家用操縦士免許というのは自動車でいうと普通自動車第一免許と同じで自分で所持しているヘリを操縦できますが、人を乗せてお金をとること等商用として運転することは勿論航空会社に就職できません。あくまで趣味として自家用のヘリを運転するのだけが目的の人はこちらの免許で十分でしょう。

事業用操縦士は取得することができればパイロットとして職につくことが可能になります。取得には国土交通省の許可が必要です。就職先は主に3つあります。官庁、民間、自家用運搬です。免許を取得したからといって確実に就職できるものではありませんが、自動車の運転免許と違い免許を取得している人は数少ないので貴重な資格といえるでしょう。ヘリコプターの操縦士が不足しているのでより需要があるのです。

どうしたらヘリコプター操縦士の資格をとることができるのかは中々知られていませんが、普通の資格のようにヘリ操縦士資格取得の養成スクールに通う必要があります。ヘリの操縦士に関しての知識は勿論大切ですが、何よりも実際に操作する実技が必要です。訓練できる環境があるスクールは免許取得には必須といえるでしょう。当サイトではヘリコプター操縦士免許取得について説明します。